Sunny days by organize

ライフオーガナイザー®。都内、16坪の3階建狭小住宅に住んでいます。収納や子育て、色々と。

手帳ジプシー卒業!?バレットジャーナルが面白い!

f:id:yaday-tosho:20190607145528j:image

数年前から流行っていたと知ったのはつい最近のバレットジャーナル。

公式ガイドをkindleで見つけ、読みながら初めてしまいました。

 

細かい説明は割愛させて頂きますが、「これはもしかしたら手帳ジプシーを卒業できるかも…!」と期待を抱きながら進めています。

本当に手帳が続かない私は、結局スケジュール管理が携帯のアプリでできてればいいんじゃないのか?とあきらめかけていました。でも、心の片隅では手帳を上手く使える人になりたいと思っていたりして。

 

バレットジャーナルを使い始めて、「あ、私は考えの整理をする場所を手帳に求めていたんだ!」ということがわかりました。今までは「この手帳ならきっと使いこなせるかも…」と手帳に過剰な期待を寄せて何となくスタートさせていたんですよね。

一方、バレットジャーナルはまず「思考の目録」なるものを白紙に書き出し自分にとって大事なことを取捨選択させるところから始めたりします。(なんてライフオーガナイズ的なんでしょう!)

 

公式ガイドから抜粋すると、

“バレットジャーナル・メソッドは、信念と行動のあいだに広がる溝に橋を渡す役割を果たす。バレットジャーナルを活用すれば、人生の核をなす目標を意識して日々を過ごせるようになる。”

とのこと。信念と行動のあいだに広がる溝ってすごくよくわかります。

 

かなり自由度が高いので向かない人もいると思いますが、自分にとって大事な案件を『コレクション』として別枠でまとめることができたり、どんどんとオンリーワンな手帳が出来ていく面白さがあるんです。

 

時間管理に悩む人は多いと思いますが、やはり大事なのは忙しい日々のなかで、『どんな時間を何のために捻出したいのか』なんですよね。

デジタルの世界から一度離れてノートに向かって自分の想いを書き連ねることは癒しの時間にもなっている気がします。(kindleもみますけどね!)

 

まだまだ始めたばかりですが、うまく使っていけるといいです。

 

 

収納も時間管理も!ぜひご相談ください。

お片づけ相談会は明日!聖蹟桜ヶ丘でお待ちしております。飛び入り参加もOKです!

f:id:yaday-tosho:20190612165013j:image