Sunny days by organize

ライフオーガナイザー®。都内、16坪の3階建狭小住宅に住んでいます。収納や子育て、色々と。

我が家の充電ステーション

スマホ2台に息子の子供ケータイ、タブレット、夫のIQOSにチャレンジタッチ。

マキタの掃除機にしても全部必要なのは…充電!

 

f:id:yaday-tosho:20180228101104j:image

 

我が家ではリビング一角のシェルフを勝手に充電ステーションと名付け集約しています。

 

一番下段にはマキタの掃除機の充電器がスタンバイ。これはほぼ毎日使うのでコンセントに差しっぱなしです。

たまに使うカメラなどもここに充電器と共に入っていて必要に応じて使います。

 

f:id:yaday-tosho:20180228101333j:image

 シェルフ上部には木製の充電コードケースのようなものを置いていて、ここで携帯やタブレットは充電しています。 

…充電コードの先がピョコンと出るのは少し気になるところですが…(爆)

 

f:id:yaday-tosho:20180228101829j:image

 カーテンに隠れてさほど目だ立たないのでシェルフ横にファイルボックスを置いて、その中に電源タップが入っています。 

 

f:id:yaday-tosho:20180228101821j:image

お見苦しいですが、こんな感じ。

スイッチ式のタップを使えば使ってないものは切っておけるので便利。

 

ここで大事なのはやっぱりラベリング!

コードほどややこしいものはないです。。

コードが何のコードなのかわかるようにしておくと後々楽ですよ。

 

またスマホも、ワイヤレスで充電できるタイプもありますよね。コードとの抜き差しのワンアクションがなくしたい方は、そういうものがある事を知っておくだけでも検討材料になります。

 

毎日の暮らしを楽にしてくれる仕組み作りも試行錯誤が必要ですが、その仕組みがハマった時ってすごく嬉しいです…。